ルミガンが安い通販サイトを調べました。

注目

ルミガンは海外からの通販(個人輸入)サイトで安く購入することができます。

私が調べた中ではオオサカ堂という通販サイトが一番安い値段でした。
(値段は為替などで変動しますので、公式サイトで最新の価格をご確認ください)



1、オオサカ堂
・ルミガン1本

1本 1,977円(送料無料)
>>ルミガンの購入はこちら
・ルミガン1本 + アプリケータ2袋 1セット

2,360円(送料無料)
>>ルミガンとアプリケータ2袋セットの購入はこちら

2、U-EYELASH(ユーアイラッシュ) 
Lumigan 0.03% 3ml
クレジットカード、銀行前払い
タイ出荷
1ボトル  2,478 円(送料無料)
http://www.u-eyelash.com/lumigan.php

3、oms
2,755円(送料無料)
http://www.oms-hk.com/show.php/itemid/T874

4、ベストケンコー
4880円(送料無料)

4、くすりエクスプレス
4880円(送料無料)

6、ファミリーファーマシーグローバル

日本製のルミガンが購入できます。
シンガポール出荷
ルミガン点眼液0.03% 2.5ml×1
製造元 千寿製薬 株式会社
販売元 武田薬品工業 株式会社
7,310円(送料無料)
>>日本製のルミガン点眼液の購入はこちら







ルミガンについてよくある質問

・ルミガンとは何ですか
 もともとは、眼圧を下げる目薬です。緑内障を高眼圧症の治療に使われます。
 しかし、副作用でまつ毛が伸びたり、まつ毛が増えたりします。
 また、副作用で色素沈着をしたり、かゆみが出たりすることもあります。

・ルミガンの成分は何ですか
 ルミガンの成分はビマトプロストです。

・ルミガンには防腐剤の塩化ベンザルコニウムは含有されていますか?
 防腐剤として塩化ベンザルコニウムは含有されています。

・ルミガンの一般名はなんですか
 ルミガンの一般名はビマトプロスト点眼液です。
 千寿製薬の公式サイトでは緑内障・高眼圧症治療剤『ルミガン点眼液0.03%』と言われています。

・ルミガンにジェネリック品(後発品)はありますか
 ルミガンは日本では千寿製薬で製造され、武田薬品工業から販売されています。
 ルミガンは特許をとって20年が経過していないので、ジェネリック品はありません。
 
・ルミガンの公式サイトを教えてください。
 武田薬品工業⇒http://www.takeda.co.jp/
 千寿製薬株式会社⇒http://www.senju.co.jp/
 千寿製薬株式会社のルミガン販売に関するページ⇒http://www.senju.co.jp/news/1187519_5657.html
 米国アラガン社のサイト⇒https://www.allergan.com/home

・ルミガンに即効性はありますか?最短でどのくらいで効果が分かりますか

・ルミガンはハゲに効果はありますか

・ルミガンの副作用を教えてください。

・ルミガンを使うと二重になるのは本当ですか
 ルミガンは眼圧を下げる薬です。
 ルミガンが目に入ると眼圧が下がり、眼の周りの皮膚がたるみ、二重になる方がいるようです。
 

・ルミガンの使い方

・ルミガンの保管方法を教えてください。

・ルミガンを処方してもらうには何科に行ったらいいですか

・ルミガンの取り扱い店を教えてください。

・ルミガンは楽天やAmazon(アマゾン)で購入できますか

・ルミガンはiherb(アイハーブ)で購入できますか?
 ルミガンはiherb(アイハーブ)では販売していないようです。

・ルミガンを販売している個人輸入代行サイトを教えてください。
 オオサカ堂、オランダ屋、oms、おくすり110、

・日本製のルミガンは個人輸入代行で入手することはできますか

・ルミガンはいくらですか

ルミガンはまつげのボリュームアップに効果が高いとして、特に注目されています。

ぱっちりと印象的な目元、というのは顔の印象を左右させる大切なところです。

女性なら、アイメイクは特に時間をかけてていねいに行うものではないでしょうか。

そして素敵な目元を作るためには、まつげも重要となってきます。

しっかりとボリュームのある、長いまつげは目元を魅力的にみせてくれるため、まつげ美容に力を入れることも多いのではないでしょうか。

いろんなマスカラが売られていますし、またまつげ専用の美容液なども人気があります。

そして、注目されるのがまつげ育毛剤です。

中でもルミガンはまつげのボリュームアップに効果が高いとして、特に注目されています。

ルミガンはもともと眼科で緑内障の治療のために処方されるお薬で、緑内障を悪化させるおそれのある眼圧をコントロールするものです。

緑内障の患者さんが、治療のためにルミガンを点眼することで、多くの人がまつげが長く濃くなった、ということを実感するといいます。

眼科で処方されるルミガンは、緑内障の人でないと出してもらうことができません。

美容目的でルミガンを手に入れようと思っても、眼科の保険診療の対象にはならないということです。

そこでルミガンを使うには、ネットなどの個人輸入で購入するのが一般的です。

ルミガンのまつげボリュームアップ効果は明らかに証明されていて、実際に使うと、1ヶ月ほどで確かな効果を実感できます。

しっかりと濃い、長いまつげになってくれます。

しかし、一つ気をつけたいことがあります。

ルミガンはまつげをボリュームアップさせるとともに、他の部分につくと、いらない効果ももたらしてしまうのです。

例えば瞼などにたくさんついてしまうと産毛が濃くなってしまったり、また皮膚の色素沈着を起こすこともあるというのです。

皮膚につくと、黒ずんだりして、目元が落ち窪んだように見えることもあるので、使い方には気をつけたいものです。

(兵庫県 おはぎさん)




ルミガンを美容皮膚科へ行って処方してもらいました。

昔からまつげがすごく少なく、それだけでなくとても短いので、アイメークをしても目ヂカラが全然足りないのが悩みでした。

そもそも、まつげが少なすぎるとマスカラをつけても全くボリュームアップできないので、とにかく印象的なメイクが出来ないのは女性にとっては致命的だと感じていました。

そんな時に、まつげ美容液のルミガンのことをファッション雑誌で知り美容皮膚科へ行って処方してもらうことにしたのです。

ルミガンは、本来は緑内障のための治療薬だったのだそうです。

ルミガンを点眼していた患者さんに共通してまつげが伸びてくるという副作用が出たので、それを応用してまつげ美容液としても認可されたという経緯があるので、医薬品ということでかなり信頼度は高いと思いました。

まつげの生え際にルミガンを薄く塗ります。

この時に目の中に入らないように注意しながら塗る必要があるので、結構どきどきして指先が震えてしまいました。

2、3回も塗れば、手際よく瞼のきわにつけることができるようになりました。

毎日夜寝る前にルミガンを塗るのを繰り返していたら2週間ぐらいから、まつげの本数が増えてきたような気がしました。

そして1ヶ月目にはまつげが太くしっかりしてきて、かなりボリュームアップしたように感じたのでマスカラをつけてみたら、今までにないボリューム感が出て顔全体の印象もすっかり変わり自分でもびっくりでした。

ルミガンは長期間使っていると瞼に色素沈着を起こすことがあると聞いていたのですが、今の所、わたしの瞼には色素沈着の副作用は見られません。

正しい使い方をしているので、簡単には副作用は出ないと思います。

ルミガンを使うようになり、まつげが増えてメイクをするのも楽しくなりました。もう少し値段が安くなれば言うことはないです。

(神奈川県 もりこさん)




ルミガンは、育毛効果が期待できるまつげ美容液です。

ルミガンは、育毛効果が期待できるまつげ美容液です。

ルミガンはもともと、緑内障や高圧眼症などの治療薬として開発されたものです。

ルミガンに含まれるビマトプロストという成分の影響で、治療で使っていた人の中に、まつ毛が伸びる、濃くなるといった副作用が現れました。

それによって、まつげ育毛効果があるとして美容液としても使われるようになりました。

そのことを知り、常につけまつ毛を使っていた私は、是非このルミガンでまつ毛の育毛ケアをしたいと思いました。

ネットの通販サイトで購入し、早速試してみました。

ルミガンの使い方としては、片目ごとに1滴分のルミガンをまつ毛の生え際に沿って塗ります。

ルミガンを購入した際、専用アプリケーターが付いていなかったので、別で購入しました。

使い捨てのアプリケーターなので、衛生面でも安心です。

麺棒で塗ったこともあったのですが、液を吸収してしまうので勿体無いことになってしまいました。

それ以降は専用アプリケーターを使うようになりました。

ただ、ルミガンを塗る時には注意が必要しなければいけないことがあります。

それは、皮膚につくと色素沈着しやすくなることです。

また、目に入ると赤くなったりかゆみを発症したりします。

そのため、出来る限り丁寧に塗って、余分な液はティッシュなどで拭き取る様にしていました。

使い始めて2ヶ月ぐらいは全く何の変化も感じられませんでした。

本当に効果があるのかと少し疑う気持ちが出てきたのも事実です。

ただ、使い始めて3ヶ月ぐらい目から、なんとなくまつ毛が伸びてきたような気がしてきました。

さらに4か月目には、はっきりとその効果を実感できました。

まつ毛1本1本が目立つようになったからです。

効果が現れるまでに少し期間はかかりましたが、満足のいく結果となりました。

(愛知県 よしみさん)




ルミガンは短いまつ毛などの悩みを解決してくれる医薬品です。

ルミガンは短いまつ毛などの悩みを解決してくれる医薬品です。

実際の効果については、ルミガンを使った臨床試験の結果では、使用を開始してから16週間で使用した方の全体の80%以上の方に変化が現れたという報告があるそうです。

その変化を具体的に説明すると、まつ毛の長さが25%も増したというもので、この変化は発毛サイクルの改善とも深い関係があるようです。

まつ毛の長さだけではなく、密度も6%アップしたという報告があり、この変化はトータル面でボリュームが改善されたといえるでしょう。

まつ毛の色の濃さも18%アップしたという報告もあり、この変化によって目の印象が変わるといっても過言ではないと思います。

この結果を見てもわかる通り、ルミガンは長さや密度、色の濃さといったようにまつ毛のボリュームに関係のある3つの要素を改善する働きがあり、まつ毛育毛剤としてはとても効果的だといえるでしょう。

もともと、ルミガンはビマトプロストという成分が含まれており、緑内障の治療薬として使用されてきたのですが、そんな治療の副作用として患者さんのまつ毛が伸びるということが分かったのだそうです。

その副作用がきっかけでビマトプロストの研究が進められ、医薬品として製品化されたのだそうです。

ビマトプロストには毛包を刺激して生成を促す効果があるので、この成分がまつ毛を太くすることに繋がり、毛周期の成長期を長くすることでまつ毛が長く伸びるといわれています。

ルミガンの成分であるビマトプロストは処方箋が必要な医薬品ですから、緑内障や高眼圧治療薬として眼科で処方してもらうことはできますが、ドラックストアなどでは取り扱っている薬ではありません。

ですが、アメリカの米国食品医薬品局では2009年にまつ毛育毛剤の医薬品として承認されていますので、海外から個人で輸入することはできます。

輸入といっても国内では通販のように気軽に注文ができます。

最近は、医薬品と呼ばれるものでもネット通販のように気軽に注文できるのはとても便利でいい傾向だと思います。

(東京都 himeojouさん)




ルミガンはコスパもいいまつ毛育毛剤。

学生時代からまつげコンプレックスで(細い・薄い・少ない)

お金も無かったことから薬局などに売ってる1000円~2000円位のまつ毛育毛剤を使ってました。

習慣なのと気の持ちようなだけで、全然まつ毛育毛剤の効果が見られなかったのです。

ある日、母親が美容クリニックに勤めていたこともあり「これ凄い伸びるみたいだよ、使ってみなー」とルミガンを買ってきてくれたんです。

半信半疑ではいましたが、まつ毛育毛剤をルミガンに変えてみることに‥

ルミガンの容器は眼科でもらう目薬みたいな形で、ブラシが着いてないので自分で歯間ブラシか代用出来るものでまつげに付けます。

今までマスカラみたいに塗るタイプのまつ毛育毛剤を使ってたのでルミガンに慣れるまでは苦戦していました。

母親いわく、他の美容液は生え際に塗ってもいいけどコレはあまり肌に付くと色素沈着を起こすとも言われました。

塗る際は慎重に慎重になりました。

特にビフォーアフターの写真を残していたわけじゃなかったんですが2~3ヵ月経った頃、自分でもちょとまつ毛が長く濃くなったんじゃない?とわかるほどでした。

毎晩寝る前に一回塗ってましたが3か月位は持ったと思います!

やはり慎重にルミガンを塗っていても目の下の色素沈着が気になりましたので2~3日に一度寝る前だけに減らしてみたり、今はまつげエクステを付けてるのでエクステお休み(育毛中)の時にしか使わないようにしてます。

それでもルミガンにはまつ毛育毛効果はあると思ってます。

ここ10年近くはルミガンしか使っておらず、最近の新しい美容液等はもう試してないのでわからないですが、ルミガンはコスパ的には凄くいいですし自分にはとても合っていたのでこれからも使い続けていくと思います。

あとはブラシをつけて使いやすくしてほしいですね‥

たまにブラシに落とせず2滴くらいテーブルに落ちちゃったりして勿体ないな~と思うこともあるのでそこだけ改良して欲しいななんて。

(東京都 ふさふささん)




ルミガンを塗ってまつげの量が1.5倍以上にまでに増えました。

ルミガンはもともと緑内障の治療のための点眼薬だったのだそうです。

副作用としてまつげが伸びるという効果があることがわかってからは、まつげの育毛剤として人気商品になったようです。

私のまつげは、昔からとにかく短くて本数も少ないのでアイメイクも全然決まらず化粧映えがしない顔なのが悩みでした。

しかしルミガンのまつげ育毛効果についての口コミ評判が非常に高いので、ちょっと高いですが美容外科のクリニックで処方してもらうことにしました。

ルミガンには小さなブラシが付いていて、それを使って育毛剤をまつげの生え際ギリギリのところにサッと塗るだけなのです。

初めてルミガンを使う時には慣れなくて上手に塗れなかったのですが、1週間ぐらいルミガンを塗り続けていると手早く塗ることができるようになりました。

ただルミガンをまつげの生え際に塗る時は息を止めて一気に塗らないと、薬剤がはみ出したところの皮膚が色素沈着を起こしてしまうという報告があるのでいつも必ず慎重に塗るようにしています。

もしも、まぶたのほうへ液体がついてしまった時には、すぐに綿棒でしっかりとふき取るように注意しました。

さて、ルミガンのまつげ育毛効果についてですが、毎日寝る前に一度塗ってたら10日目ぐらいからまつげが少し増えたような感じがしました。

そして2週間目ぐらいには、まつげの太さもしっかりしてきたようです。

そして1ヶ月目には、今までのまつげ量の1.5倍以上にまでまつげが増えたのが、はっきりとわかりました。

マスカラを塗らなくても済むほど、ふさふさのまつげになり自分でもここまで効果があるとは本当にびっくりでした。

ルミガンを塗り続けていれば、ずっとまつげがたっぷりになるので顔の印象も随分変わり目力もアップしたので大満足しています。

(神奈川県 ねここさん)




ルミガンで地まつげを伸ばすために3ヶ月使いました。

結婚式に向けて約3ヶ月、ルミガンを毎晩使用しました。

つけまつげをすると目が常に痛く違和感も不快で、しかも元々二重なのに更に奥深い不自然な二重になってしまうのが嫌でした。

また、まつエクも検討しましたが結膜炎などのトラブルの話を聞いたので人生の一大イベント前にはリスクが高すぎると思い、

結果、

ルミガンで地まつげを伸ばす!!

という計画にたどり着きました。

ルミガンには目の周りが黒ずむという副作用があることも知っていたのでベビー綿棒で注意しながら塗りました。

ルミガンの効果が出てきたのは使い始めてから2週間くらい後だったと思います。

その後はまつ毛がどんどん伸びて増えて、

最終的には赤ちゃんのように黒々とふっさふさした長いまつ毛になって驚き歓喜しました。

しかし、結婚式直前のヘアメイクリハーサルにて、ルミガンのリスクについて思い知ることになりました…。

ヘアメイクさんにはまつ毛のことも肌のこともすごく褒めて頂きました。

たったひとつだけ、「目の周りの黒ずみ」を指摘されてしましました。

私なりに毎日慎重に皮膚につかないように注意しながら使用していたし使用後も新しい麺棒で肌の部分は拭き取っていたのですが、それでもやはり副作用は避けられながった問題のようです。

自分では黒ずみは気にならない程度だったのですが、やはりプロの目は違いますね。。

コンシーラーで完全に隠すことができたので大事には至らず完全な目元で式を迎えることができました。

このままルミガンを使用を続けるか悩みましたが、私は式が終わった後に使用を続けるのを一旦止めました。

黒ずみがひどくなるのが怖かったのと、経済的にも少し不安だったからです。

ルミガンの使用をやめてから2~3ヶ月でまつ毛は元に戻り、副作用の黒ずみもなくなったと思います。

ルミガンは育毛効果も確実だけど、副作用も高確率で起こります。

もっと慎重にルミガンを扱っていれば副作用は極力免れるかもしれません。

なので最近またルミガンを購入しようかなと検討中です。

(京都府 あいさん)




ルミガンをインターネットの通販サイトで安く購入する方法

注目

今話題のまつげがぐんぐん伸びる!と言われているルミガン。

伸びすぎてもうマツエクなんて必要がないほど、とも言われています。

私のいつも憧れのAさんは久々に会った時、とても目がパッチリとしていました。

マツエクを付けられたのですか?と聞くと、実はこれ誰にも言いたくないけど特別に教えてあげる、と言われてこっそりルミガンの存在を教えてもらいました。

ルミガンは緑内障の目薬。医薬品。

つまりお医者さんに緑内障と診断された方でなければもらえない薬です。

その方はどうやって手に入れているかというと、外国のインターネットで購入している、とのこと。

早速私はその日の夜に携帯でルミガンを検索しました。

するとやはり日本にお店の名前は一応置いてあるけれど、シンガポールや中国のお店から国際便で届けられる、というものでした。

私は日本以外のものを、しかも医薬品を外国から買うのは少しためらいましたが、憧れのAさんに少しでも近づきたくてその日の夜には購入ボタンを押しておりました。

わたしの買ったところはオオサカ堂、という住所は香港にあるお店。

色々探した結果、こちらのお店が最安値でした。

お値段は約ルミガン一本で2000円弱。

この日購入ボタンを押してから約束2週間ほど。

ようやく品物が自宅に届きました。

やはり送り先の住所はシンガポール。

マーライオンが描かれておりました。

ルミガンの使い方には少し注意があるみたいです。

Aさんも言ってましたし、ネットで検索するとまぶたが垂れて色素沈着で目の周りが黒ずんでくる、というものでした。

使用する時には必ずアプリケーターを使い、まぶたにつかないようにすること。

その注意をよく守りながら使う事約1ヶ月。

普通並みのレベルのまつ毛だった私が今ではマツエクと間違われるほどのバザバサ、フサフサです。

オススメですのでぜひまつげにお悩みの方、いかがでしょうか。

(愛知県 ぷりんさん)




ルミガンの購入方法は美容外科か個人輸入代行サイトで買う

注目

まつげ美容液として人気があるルミガンはアメリカの製薬会社が緑内障治療用の点眼薬として製造している薬です。

もともと、ルミガンは医薬品ということなので購入できるのは美容外科や一般眼科などが主流です。

その他のルミガンのには個人輸入の代行会社を使って直接海外から取り寄せる方法があります。

美容外科や美容皮膚科や眼科では、まず診察を受けることになりますが、まつげを伸ばしたいという理由でしたら簡単にルミガンの処方箋を出してもらえることがほとんどです。

もちろん美容外科や美容皮膚科や眼科では美容目的の自由診療となりますので保険は効きません。

ルミガン自体は大体1本1万5千円ぐらいから3万円ぐらいが販売価格となっています。

使用頻度にもよりますが一本のルミガンで大体半年近くは持つという話もあるので年間3万円から6万円の出費となりますのでかなり高額だと言えるでしょう。

一方で個人輸入の代行会社を利用した場合には、直接アメリカからルミガンを取り寄せることになるので価格は大幅に安くなり3千円から5千円という非常にお得な価格で購入できることが多いようです。

ですから少しでも安くルミガンを購入したいのであれば美容クリニックなどの医療機関よりも個人輸入代行を利用するのが最もお得でしょう。

ただし、このような個人輸入会社の場合ですと正規品ではないルミガンを取り扱っている会社も紛れていることも十分ありうるのです。

ですからあらかじめその輸入代行会社が信用できるのかどうか口コミなどの情報収集をしてしっかりと確かめてからルミガンを購入した方が無難です。

正規品ではないと体に悪い成分が含まれていたりすることもあり、目に思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性があるので十分に注意しましょう。

(神奈川県 あきさん)