ルミガンを塗ってまつげの量が1.5倍以上にまでに増えました。

ルミガンはもともと緑内障の治療のための点眼薬だったのだそうです。

副作用としてまつげが伸びるという効果があることがわかってからは、まつげの育毛剤として人気商品になったようです。

私のまつげは、昔からとにかく短くて本数も少ないのでアイメイクも全然決まらず化粧映えがしない顔なのが悩みでした。

しかしルミガンのまつげ育毛効果についての口コミ評判が非常に高いので、ちょっと高いですが美容外科のクリニックで処方してもらうことにしました。

ルミガンには小さなブラシが付いていて、それを使って育毛剤をまつげの生え際ギリギリのところにサッと塗るだけなのです。

初めてルミガンを使う時には慣れなくて上手に塗れなかったのですが、1週間ぐらいルミガンを塗り続けていると手早く塗ることができるようになりました。

ただルミガンをまつげの生え際に塗る時は息を止めて一気に塗らないと、薬剤がはみ出したところの皮膚が色素沈着を起こしてしまうという報告があるのでいつも必ず慎重に塗るようにしています。

もしも、まぶたのほうへ液体がついてしまった時には、すぐに綿棒でしっかりとふき取るように注意しました。

さて、ルミガンのまつげ育毛効果についてですが、毎日寝る前に一度塗ってたら10日目ぐらいからまつげが少し増えたような感じがしました。

そして2週間目ぐらいには、まつげの太さもしっかりしてきたようです。

そして1ヶ月目には、今までのまつげ量の1.5倍以上にまでまつげが増えたのが、はっきりとわかりました。

マスカラを塗らなくても済むほど、ふさふさのまつげになり自分でもここまで効果があるとは本当にびっくりでした。

ルミガンを塗り続けていれば、ずっとまつげがたっぷりになるので顔の印象も随分変わり目力もアップしたので大満足しています。

(神奈川県 ねここさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です