ルミガンを美容皮膚科へ行って処方してもらいました。

昔からまつげがすごく少なく、それだけでなくとても短いので、アイメークをしても目ヂカラが全然足りないのが悩みでした。

そもそも、まつげが少なすぎるとマスカラをつけても全くボリュームアップできないので、とにかく印象的なメイクが出来ないのは女性にとっては致命的だと感じていました。

そんな時に、まつげ美容液のルミガンのことをファッション雑誌で知り美容皮膚科へ行って処方してもらうことにしたのです。

ルミガンは、本来は緑内障のための治療薬だったのだそうです。

ルミガンを点眼していた患者さんに共通してまつげが伸びてくるという副作用が出たので、それを応用してまつげ美容液としても認可されたという経緯があるので、医薬品ということでかなり信頼度は高いと思いました。

まつげの生え際にルミガンを薄く塗ります。

この時に目の中に入らないように注意しながら塗る必要があるので、結構どきどきして指先が震えてしまいました。

2、3回も塗れば、手際よく瞼のきわにつけることができるようになりました。

毎日夜寝る前にルミガンを塗るのを繰り返していたら2週間ぐらいから、まつげの本数が増えてきたような気がしました。

そして1ヶ月目にはまつげが太くしっかりしてきて、かなりボリュームアップしたように感じたのでマスカラをつけてみたら、今までにないボリューム感が出て顔全体の印象もすっかり変わり自分でもびっくりでした。

ルミガンは長期間使っていると瞼に色素沈着を起こすことがあると聞いていたのですが、今の所、わたしの瞼には色素沈着の副作用は見られません。

正しい使い方をしているので、簡単には副作用は出ないと思います。

ルミガンを使うようになり、まつげが増えてメイクをするのも楽しくなりました。もう少し値段が安くなれば言うことはないです。

(神奈川県 もりこさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です